concept 開催趣旨真のDXリーダーになる。

日本社会が大きな変革を迫られているいま、​​
企業が実現すべきDXは、単純な「デジタル技術を使った業務改善」ではありません。​​
全く新しい価値を生み出し、日本の産業の変革につながる道筋を立てる。​
それこそが真のDXリーダーの役割ではないでしょうか。​

DX CAMPは、日本を代表する企業・部門のリーダーたちが、​​
DXの本質や実現に至るノウハウを短期集中で学び、
真のDXリーダーへと成長する場です。​

DXの実現に伴う困難を乗り越え、日本社会を根こそぎ変えていく。​
そんなリーダーがひとりでも多く生まれることを目指します。​

KEYNOTE

敬称略 順不同

敬称略 順不同

  • Why DX? リーダーが目指すべき 真のGOALとは 5.23月第1部

    大山 健太郎

    アイリスグループ

    会長/アイリスオーヤマ(株)
    代表取締役会長

    大山 健太郎

    大山 健太郎

    日本交通(株)

    代表取締役会長/
    (株)Mobility Technologies
    代表取締役会長

    川鍋 一朗

  • ものづくりDX 挑戦ケーススタディ 5.23月第2部

    池谷 卓

    AGC(株)

    経営企画本部 DX推進部 部長

    池谷 卓

    辻 裕里

    (株)SUBARU

    IT戦略本部
    情報システム部 部長兼
    サイバーセキュリティ部 部長

    辻 裕里

  • DXを加速させる「組織作り」と「社内プロセス変革」 5.24火第3部

    花田 琢也

    日揮ホールディングス(株)

    専務執行役員CHRO・CDO

    花田 琢也

    黒川 博史

    ライオン(株)

    DX推進部長

    黒川 博史

  • リテールDX 挑戦ケーススタディ 5.24火第4部

    藤井 保文

    (株)ビービット

    執行役員CCO(Chief
    Communication Officer ) /
    東アジア営業責任者

    藤井 保文

    永田 洋幸

    (株)トライアル
    ホールディングス

    取締役

    永田 洋幸

  • 社内システムのモダンアップデート 成功への鍵は? 5.25火第5部

    谷崎 勝教

    三井住友
    フィナンシャルグループ

    執行役専務グループCDIO

    谷崎 勝教

    成田 敏博

    日清食品
    ホールディングス(株)

    執行役員 CIO グループ情報責任者

    成田 敏博

  • データ活用で業績を伸ばす!大企業のブレイクスルー事例 5.25火第6部

    林 直孝

    J.フロント
    リテイリング(株)

    執行役常務
    グループデジタル統括部長

    林 直孝

    花塚 泰史

    (株)ブリヂストン

    デジタルAI・IoT企画開発部長

    花塚 泰史

AboutDX CAMPの特徴

“CAMP”に込めた思い

「CAMP」という言葉には、2つの意味が込められています。
ひとつは、DXリーダーを育成するための特別な強化合宿であること。
参加者一人ひとりの飛躍的な成長を目指し、ただ講義を聞くだけではなく、DXの本質の理解とノウハウ習得を目的とした参加型のプログラムを用意しています。

もうひとつは、志を共にする者がつながる場所であること。​​
例えば、仲間たちと焚き火を囲んで将来を熱く語り合うように。​​
日本の未来に変革をもたらすDXリーダー同士が語り合い、つながりが生まれ、ひとりでは生み出せない価値観やアイデアを発見できることを期待しています。

CAMPに込めた思い

DAY 1

理想編 ~DXリーダーのあるべき姿~
[第1部]Why DX? リーダーが目指すべき 真のGOALとは
実践編 ~DXリーダーの採るべき行動~
[第2部]ものづくりDX 挑戦ケーススタディ

DAY 2

理想編 ~DXリーダーのあるべき姿~
[第3部]DXを加速させる「組織作り」と「社内プロセス変革」
実践編 ~DXリーダーの採るべき行動~
[第4部]リテールDX 挑戦ケーススタディ

DAY 3

実践編 ~DXリーダーの採るべき行動~
[第5部]社内システムのモダンアップデート 成功への鍵は?
実践編 ~DXリーダーの採るべき行動~
[第6部]データ活用で業績を伸ばす!大企業のブレイクスルー事例

Advisory Committeeアドバイザリーコミッティ委員

敬称略 順不同

本イベントの講演プログラムは、大きな組織のDX推進を牽引されてきた下記のリーダーの監修のもとで構築されています。
今回は、本質的なDXの理解や推進の際に必要な知識だけでなく、実際にDXリーダーが明日から企業のDXをドライブさせていく上でアクションとして何を採るべきか、DXリーダーの過去の体験から模索してまいります。

敬称略 順不同

  • 西山 圭太

    (株)経営共創基盤

    シニア・エグゼクティブ・フェロー/
    東京大学
    未来ビジョン研究センター 客員教授

    西山 圭太

  • 井手 伸一郎

    日本電気(株)

    トランスフォーメーション デザインオフィス 統括部長/
    グロービス経営大学院 専任教授

    井手 伸一郎

  • 友岡 賢二

    フジテック(株)

    専務執行役員
    デジタルイノベーション本部長

    友岡 賢二

  • 各務 茂雄

    情報経営イノベーション専門職大学

    准教授

    各務 茂雄

  • 長谷川 秀樹

    生活協同組合コープさっぽろ

    CIO

    長谷川 秀樹

  • 中林 紀彦

    ヤマト運輸(株)

    執行役員(DX推進担当)

    中林 紀彦

圧倒的にLIVE派

当日参加でしか味わえないイベント体験を

一部のセッションは、事前に収録したものを配信

+αのイベント体験

+αのイベント体験

Eight独自のイベントプラットフォームを採用​​

DX CAMPは「ライブ配信」の特徴を活かす独自のイベントシステムを採用することで、来場者にインタラクティブな体験を提供します。他の来場者と共に盛り上がれる拍手機能や、パネルディスカッションに登壇する著名DXリーダーに個別に質問しアドバイスも受けられる機能など、生放送だからこそ味わえる貴重な体験を実感ください。​

登壇者とつながる

登壇者とつながる

Eightオンライン名刺交換による出会い・つながりを。​​

つながりをコンセプトに掲げるDX CAMPでは「登壇者や参加者同士も後日連絡を取り合える」DX人材ネットワークを提供することで、来場後の挑戦をサポートしていきたいと考えています。今回は、その一部の機能として“登壇者とのつながり”を提供します。​

基調講演講師は名刺交換の対象外となります。

直接質問ができる

直接質問ができる

当日その場で質問し、回答をもらう。

数々の壁を乗り越えてきたDXリーダー達に疑問を投げかけ、
課題解決につながる答えを得ることができる。​

質問は、Eightのイベントプラットフォーム上で行います。

回答は、トークセッション内の質疑応答の時間で得ることができます。

質問の数によっては、全ての質問に回答ができない場合もあります。

Overview開催概要

イベント名
DX CAMP 2022 for Enterprise(オンラインLIVE配信)
主催
Eight(300万人のビジネスパーソンが利用するキャリアプロフィールアプリ)
会場
オンライン開催(Eight独自のイベントプラットフォーム「Meets」)
開催日時

2022年5月23日(月)13:00~18:10予定

5月24日(火)13:00~18:10予定

5月25日(水)13:00~17:30予定

講演内容

3日間6部制

  1. [第1部]Why DX? リーダーが目指すべき 真のGOALとは
  2. [第2部]ものづくりDX 挑戦ケーススタディ
  3. [第3部]DXを加速させる「組織作り」と「社内プロセス変革」
  4. [第4部]リテールDX 挑戦ケーススタディ
  5. [第5部]社内システムのモダンアップデート 成功への鍵は?
  6. [第6部]データ活用で業績を伸ばす!大企業のブレイクスルー事例
登壇者数
36名予定
参加対象者
「大企業(社員1000名以上)の部長職以上の方」に限定
参加定員
1200名予定

Entry参加申込方法

DX CAMPは、下記の対象者の方だけに限定した、DXリーダー育成のためのイベントです。
対象者以外の方はご参加頂けませんので、あらかじめご了承ください。

大企業の経営者・役員・部長職以上の方 限定​

※本イベントは、Sansan株式会社が提供するMeetsサービスを利用して開催されるため、事前にMeets会員規約への同意が必要となります。

※事前審査制:
従業員1,000名以上の大企業に所属される部長職以上の方で、且つDX推進を目的とされる方が対象となっております。 また営業・調査目的での参加はご遠慮頂いておりますのでご了承ください。

下記いずれかの方法でお申込みください

入力フォームから申込む

Eightアプリをお持ちの方

フォーム入力なしで、簡単にお申込みいただけます。

スマホでQRコードを読み取ってください

  • Eightアプリにログインしている必要があります。
  • オンライン名刺情報を提供することに同意の上、読み取ってください。